読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音故知新 on-ko-chi-shin

TAKAHIRO KONASHI official blog

頼もしい後輩たち

音楽 教育

f:id:koppaman:20140517121124j:plain

先週の土曜日は、私の母校である文教大学吹奏楽部の学生さんたちに学校まで来てもらい、吹奏楽部の楽器ごとのパートレッスンをしていただきました。私も約15年ほど前にこの文教大学吹奏楽部に所属していましたが、15年たった今でも、良い伝統が受け継がれ、なおも発展を続けていることは、先輩として大変嬉しい限りです。

子どもたちも、毎年この文教大学の学生さんたちが教えに来てくれることを、とても楽しみにしているようです。5月のレッスンということで、基礎の基礎を教えてもらうだけでしたが、普段は味わえない大学生とのふれあいに、今回も大きな刺激を受けたようです。(かつては、この交流をきっかけに小学生のうちから文教大学に入ることを決め、6年後本当に入学して吹奏楽を楽しんでいる教え子がいるほどです…。)

コンクール全国大会などに向け、自分たちの演奏の技術を磨きつつも、このように地域の音楽文化の発展のため、後進の子どもたちの面倒までしっかりと見てくれる…そんな心の広さを持ったこのバンドでの経験が、今の自分の音楽活動の原点となっています。

 突然ですが、頑張っている後輩たちに代わり、ここで演奏会のお知らせです。

文教大学吹奏楽部 サマーコンサート2014>

 日時:6月28日(土)15時開場、16時開演

 場所:さいたま市文化センター大ホール(南浦和

 チケット:S席¥1,000、A席¥800、B席¥600

 曲目:・2014年度吹奏楽コンクール課題曲より

    ・長生淳 委嘱作品

    ・愛をフィルムに焼き付けて(構成:文教大学吹奏楽部)

 ※チケットはチケットぴあで取り扱っています。詳しくは吹奏楽部HPまで

 

うーん、「愛をフィルムに焼き付けて」かぁ。指揮者である佐川聖二先生の思いがひしひしと伝わってくるようなタイトルですね。去年も子どもたちを大勢連れて南越谷まで見に行ったのですが、演奏の素晴らしさに子どもたちも巻き込んで、スタンディングオベーションまでしてしまいました…。今年の演奏会場はさいたま市文化センターとのこと、学校から近いのでまたみんなで見に行きたいと思っています。